うちにIH対応のジンギスカン鍋がやってきました。
ダンナさんがゲリラ的に買ってたらしく、突然届きました(【IH対応】特製ジンギスカン鍋だそうです)。
話によると、IH機器に対応しているジンギスカン鍋が実際のところこの商品しかないとか。
なので、ほしいと思って確認すると、この商品や、この商品のレポをしてるところにたどり着くんだそうです。

使い勝手のほうは、というと・・・。
えー・・・たぶんこれはジンギスカン鍋に限ったことではないのかもしれないけれども、鉄製なので手入れがね・・っていうのはあります。が!うちの場合は、使用後にヤカンでわかしたお湯を鍋にがつーっとかけて10分ほど置いた後に軽く金たわしでこすったら、「ほら!簡単に汚れが落ちるでしょ!」とかいう、かつてあった、テフロン製(だったかな?)のフライパンのTVショッピングの実演のようにするっと焦げ付いた部分が落ちて、ほぼ 汚れが落ちるというくらいの手間いらずでした。
焼き具合については、火力が元々それなりにあるので、ホットプレートでやる焼き肉と同様の感覚でやるとすぐに焦げつく(焦げても特に問題はないんだけど)くらいで、基本的になんの手間もいらずに使えるようです。
ただ、たこ焼きプレートやホットプレート、普通の鍋などと違って、とって部分に当たる部分も鉄製で、使用後にお手入れする際にはミトンなどを使って持ち運ばなければならないとか、少し端がIH調理器部分からはみ出してしまうため、子供さんとかがいるご家庭だと少し注意が必要だと思います。

総合評価的には、とてもよいと思います。
ジンギスカンだけではなくて、普通に焼き肉なんかもできますしね。
でも「ホットプレートあるじゃん!」ということもあるので、こだわりがあれば・・・・という感じですかね。

 

・・・なんだか、ここがIH調理器具のレポブログになっていってる気がする・・(;´∀`)

広告